投資スキル向上コラム

貧乏から脱出するには、結局コツコツやるしかないたった3つの理由

貧乏,脱出

貧乏から脱出するには見直しから

 

収入と支出を把握

みなさんは収入と支出をちゃんと把握していますか?

収入は把握しているけど支出は把握していないという人が多いんですよ。

最近はクレジットカードやQRコード決済などでお会計を済ますケースも増えてきて自分が月にいくら出費しているのか把握しづらくなってきていますね。

実際出費を計算したら収入より出費の方が多かったなんてこともあるんですよ。

ちなみに、単身で一人暮らしをしていて、住居費の理想割合が28%(月の手取りが20万円なら5万6000円)です。

しかし、9万円の部屋を借りていたとしたら、割合が45%まで上がってしまうため、明らかに高すぎると判断できますよね。

このように、今自分が当たり前のように支払っている出費が、高すぎるのか、もしくは上手に低く抑えられているか今一度考えてみてください。

支出を見直すと意外と無駄が多いやちょこちょこ少し高いものを買っている、今は必要ないけど安いから買っておこうなどの買い物はやはり見直す必要がありますね。

自分の支出を今一度見直して何が無駄かを把握しそれをどう改善するのかこれからの対策を立ててみてくださいね。

 

無駄があったらコストダウンを

みなさん出費は確認されましたか?

思ったより使っているなと思われた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

無駄のある場合はコストダウンを図りましょう。

支出を減らすことでお金に余裕ができ貧乏から脱出しましょう。

例えば今ある生活費を見直してみてください。

生活費の節約には大きく分けて2つの方法があります。

それは「すぐにできる対処法」と「根本的な対処法」です。まずは自身の支出を把握していることが重要になります。

そして、改善したときの効果が高いものを優先しとりかかりましょう。

生活費を節約することを考えたときに、一番先に候補として上がるのが食費ではないでしょうか。

なによりも次の食事からでも取り掛かれる簡単さが魅力です。

しかしやりすぎてしまうと、日々の楽しみが失われてしまいますよね。

節約のために食費を削るのには適切な加減があります。

ちなみに、総務省の家計調査の2016年、2人以上の世帯の消費支出を見ると、食費は月7万円を越えています。

日々の生活に欠かせない食事ですが、生活費の25%(同調査より)まで圧迫するとなると、本来は見直しが必要でしょう。

つまり、平均的な家庭においても見直すべき項目と言えます。

みなさんは食費にいくらかけていますか?!一度生活費を計算してみてください。

 

足りない場合は収入を上げる

収入を増やすために、神社やパワースポットを巡って

「収入が増えますように!」

「金運がアップしますように!」

とお願いたり、宝くじで一攫千金を狙ったりしているけど上手くいかないなんていう経験はありませんか?

実は宝くじの1等に当選する確率は、飛行機事故に遭遇するより低いと言われているんですよ(笑

ですから収入を増やす方法としては、今一つ現実味に欠けるところがありますよね。

でも、手っ取り早く今より確実に収入を増やすには、もっと確実な方法を選んでみませんか?

そういえば最近、副業についての規制が緩くなってきましたよね?サラリーマンでも副業ができる時代になってきました。

そして働き方も多様化してきたので、自宅でパソコンを使って収入を得るという方法も生まれました。

本業が終わったすこしの時間を利用したいという方、収入を増やすことが可能です。

隙間時間に手軽にポイントを貯める方法や、モニターに参加したり在宅で仕事をしたり、自己投資して特殊な技術を磨くのもいいでしょう。

これからの副業は自分の都合と好みに合わせて、楽しく収入を増やせるんですよ。

空いた時間に楽しく副業して今の生活にもっとゆとりを出しましょう。

そうすることで気持ちにも余裕が出てきますよ。

 

貧乏から脱出するには結局行動しなきゃいけない

 

行動しなきゃ何も変わらない

 

そもそも、貧乏ってどういう状態のことでしょうか。

感覚的なものだと思いますが、個人的には収入と支出のバランスが悪く、普通に生活してて支出が多くなりがちなら貧乏なのでは、と思っています。

貧乏生活を脱出するためにやったこといつまでも貧乏な状態でいるわけにはいきませんよね。

宝くじやパチンコなどのギャンブルで一発逆転なんて夢のような話はありませんので地道に行動するのみですね。

抜け出すためにとにかく必死になって、できることはなんでもチャレンジする必要があります。

まずは、現状の収入と支出を把握することが大切です。

現状認識ができれば、次は今の収入と支出をしっかりと数値で把握しておきましょう。

そして、支出で減らせそうなところを探しましょう。

固定費や高いと思う出費など、そもそも必要ないと思う支出があれば、実際に行動してみてやめてみましょう。

ムダな支出を徹底的に減らしてもまだ生活が苦しいと思えるのであれば、収入を増やすことを考えましょう。

支出は既に最小限に抑えているので、あとは収入を増やすだけですね。

今は副業を認められてきたのでやはり自分にあった副業を見つけコツコツ続けていくことで収入アップを図りましょう。

やはり貧乏から脱出するためには何か小さいことでもいいので行動することが大切になりますね。

 

貧乏から脱出するにはやっぱりコツコツ資産形成

最近テレビで資産形成をする必要があるなんていう言葉をよく耳にしますが、そもそもなぜ私たちは「資産形成」をしなければならないのでしょうか。

単純に儲けたいから?!

違いますよ。

「人生90年」が当たり前の時代を迎え、公的年金をはじめとする日本の社会保障制度が、徐々にほころびを見せ始めているからです。

日本に厚生年金保険法が制定され、民間企業で働く人の年金制度が始まったのは、1954年のことです。

当時の平均寿命は、男性が63.41歳、女性が67.69歳でした。

60歳から年金受給がスタートしても、男性が受け取れるのは、平均でわずか3年程度にすぎなかったのです。

今のように、平均寿命が男女ともに80歳を超えている状況下では、公的年金の受給開始年齢が引き上げられるのは当然。

国も今の制度設計のままでは、もはや公的年金の未来が厳しいことを知っています。

そして、老後のために約2000万円貯金する必要があるとも言われています。

こういう時代だからこそ、「貯蓄から資産形成へ」の意味を、私たち一人一人が、改めて考えてみる必要があるのです。

しかし大切なことは適切な知識をつけてから資産形成を始めることです。

知識もないまま金融機関のいいなりになってしまったりすると思わぬ損をすることもあります。

まずは適切な知識をつけてから資産形成をしてくださいね。

 

口座開設は無料特典いっぱいのGMOクリック証券
口座開設は無料特典いっぱいのGMOクリック証券